「小林製薬」

小林製薬は大阪市中央区道修町4丁目に本社を置く、医薬品とトイレタリー(衛生雑貨)の企画・製造・販売を行っている企業です。「熱さまシート」「消臭元」「サワデー」「ブルーレット」「糸ようじ」など様々なヒット商品を抱えている会社です。年齢や性別関係なく、多くの人がこれらの商品を使った経験をお持ちだと思います。中には毎日のようにお世話になっているかたも多いのではないでしょうか。今や生活になくてはならない小林製薬をご紹介します。

「小林製薬」とは

小林製薬は、1886年(明治19年)に名古屋市で創業者の小林忠兵衛が開いた「小林盛大堂」が始まりでした。当初は雑貨や化粧品、洋酒の販売を行うお店だったのですが、創業から2年後の1888年に、薬品卸部門を設立し、タムシチンキなどの薬品の販売を開始します。1919年(大正8年)には大阪に進出し、本社を設置しました。その後1956年(昭和31年)に改組し、のちに「アンメルツ」や「ブルーレット」「サワデー」「トイレその後に」「サラサラティー」「熱さまシート」「フェミニーナ」「アイボン」「消臭元」「ケシミン」「ナイシトール」などの製品を開発しました。これらの商品はテレビCMの放映も相まって軒並みヒットとなりました。製品開発において非常に小回りの効く企業の一つとしてその名を知られていると共に、ユニークなネーミングが冠された商品が沢山あることでも有名です。小林製薬が本社を置く道修町は、武田薬品工業・塩野義製薬など医療品製造企業の本社が集まることで有名な地域なのですが、在阪医薬品メーカーとしては珍しく、小林製薬は医薬品よりも衛生雑貨関係の印象が強いのも特徴です。2001年に使い捨てカイロメーカーである桐灰化学を子会社化したのを皮切りに、2006年には「間宮アロエ軟膏a」をはじめとするアロエを使用した製品の製造を行っているアロエ製薬を子会社化しました。さたに2013年には六腸製薬とジュジュ化粧品を順次当社の傘下にしました。また2000年代に入ると他社が発売していたブランドを取得し、「キムコ」「命の母」「間宮アロエ軟膏a」「イージーファイバー」「アクアフィルター」「プリティ」「オードムーゲ」「小林製薬の杜仲茶」「ビスラットゴールドa」が順次自社製品となり、販路の拡大や知名度の向上に貢献している製品もあります。そんな小林製薬ですが、株式が上場したのは1999年と比較的最近で、現在は東証1部に上場しています。同名または近似の会社名を持つ企業がいくつか存在するのも小林製薬の特徴の一つです。バスタニックやモスノーで知られた「小林脳行」は元々無関係な会社だったのですが、倒産後同社が引き継ぐ形となりました。一方、医療用医薬品会社でアイロム・日清オイリオグループ傘下の「小林製薬工業」とは無関係で、人的な資本は一切ありません。また、風邪薬「ヒストミン」で知られる「小林薬品工業」とも無関係です。

「“あったらいいな”をカタチにする」

小林製薬の社長、小林豊氏が2006年12月17日に「がっちりマンデー!!」という番組に出演した際、彼が発言した内容が一時期話題となりました。それは、小林製薬での社長の方針についてなのですが、小林製薬では社長の目が平社員にまで行き届いており、社長はできるだけ社員とのコミュニケーションを心掛けているとのことでした。普段から社長は自ら社員に声をかけることが多いそうです。小林製薬には「全社員提案制度」というものがあり、社内全社員で新製品や社内の改善の提案を出し合い、月に10件以上ものアイデアを出す社員もいるのだとか。優れた案には何十万という金一封が賞与されることも有るそうで、社員のモチベーションアップに繋がっています。尚且つ、小林製薬には「ポイント制度」なるものがあり、良い案を出した社員にはポイントが与えられ、一年に一度集計され、200ポイント溜まった社員には社長との豪華ホテルディナーがプレゼントされます。また「社長ホメホメメール」という、良案を出した社員個人に社長から直々に送信される称賛メールにより、社員の向上心を伸ばし、よりいい製品案が生まれるように絶えず努力しているのだそうです。また、社内は非常に和気藹々とした雰囲気で、役職では呼び合わず、社長を含めて社員は皆「さん」付けで呼ばれています。社長に至っては「豊」のイニシャルから「Yさん」と呼ばれていて、社長の兄で会長の「一雅」は「Kさん」と呼ばれています。社長には現在推し進めている「ドロドロ開発」というプロジェクトがあります。技術開発、マーケティング、製造、それぞれの人間が喧々諤々議論しあい、意見を混ぜあうことで初めていいものができると考え、それを「ドロドロ」という擬音で表現し「ドロドロ開発」と呼んでいるのだそうです。また、小林製薬では、「今までになかったもの」を作ることをモットーとしており、そのために何に使う商品かを消費者に分かりやすく伝えるため、商品名は覚えやすさに徹底的にこだわり、「覚えやすくリズム感があり、1秒でわかる」を基本に、如何に分かりやすいネーミングにするかを重役会議で議論し、ひとつの商品名を決めるのに、多い時には100個以上のネームが検討されることもあるそうです。年間30種類も生みだされている新商品の名前も、最終的には社長自身が決定するのだそうです。

大阪市中央区は企業の街