「竹中工務店」

竹中工務店は大阪市中央区本町に本社を置く大手総合建設会社です。「迎賓館」「東京タワー」「日本武道館」「アクアシティお台場」「東京ミッドタウン」「品川プリンスホテル」「あべのハルカス」など、誰もが知っている建物を沢山施工している企業なのです。「想いをかたちに 未来へつなぐ」がスローガンとなっていて、その独創的で最新鋭の技術は、様々な建築物に生かされています。

竹中工務店について

竹中工務店は江戸時代前期の1610年に、織田信長の元家臣だった初代竹中藤兵衛正高が尾張国名古屋で創業しました。創業当初の竹中工務店は寺社仏閣の造営に携わっていました。やがて明治時代が到来すると、ヨーロッパ型の建築技術を導入し始めます。そして、当時開港し、都市化し始めた神戸へと進出します。その知で竹中工務店は、数々の建築物を施工し、その名を知られるようになったのです。「工務店」という言葉を作り、社名として使ったのは「竹中工務店」が初めてでした。「設計と施工は切り離せない」という考えから「工務」を掲げ、お客様ありきの仕事であるという考えから「店」を用いたのだそうです。竹中工務店は、スーパーゼネコン5社の一つでもあります。ちなみに他の4社は鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組です。また、同じく大阪に本社を置く、鴻池組、奥村組、錢高組と並ぶ在阪ゼネコンの一社でもあります。これまでに施工した建築物は5大ドーム球場(札幌・東京・ナゴヤ・大阪・福岡)をはじめ、全国有名美術館や商業施設、さらには病院、オフィスビルなど多岐にわたり、施工実績の多さでは国内随一を誇ります。完成工事高で比較しても、国内トップクラスの業績を誇り、売上高の内訳は97.9%が建築となっていて、土木は0.8%に過ぎません。土木事業は主に、関連会社の竹中土木が担当しているためです。竹中工務店はサントリーホールディングス、ヤンマーと並ぶ、関西地盤の三大非上場大手企業でもあります。「工務店」という名前を初めて使った会社というのは前述しましたが、今や竹中工務店は「工務店」とは大きくかけ離れたスーパーゼネコンとなっており、全国の建築の主な物件を施工しています。竹中工務店では、自社の施工した物件を「作品」と呼びます。スーパーゼネコンの中でもBCS賞(建築業協会賞)を最多受賞しており、設計や品質に対する評価が高く、特命受注の比率も高いです。創業は名古屋ですが、設立の地が神戸ということ、現会長の竹中統一が同じ神戸の甲南大学出身ということもあり、近畿の小学校、中学校、高等学校、大学の新築や増改築工事も大半が竹中工務店による設計施工になっています。創業以来、社長には常に創業家の人物がついていたのですが、2013年3月からは宮下正裕が初めて創業家以外から社長に就任しました。アトリエ系建築家の出江寛、早川邦彦、菊竹清訓、柳澤孝彦、鈴木了二など、竹中工務店の設計部からは多くの建築家が輩出されています。

竹中工務店の歴史

竹中工務店は1610年、織田信長の元家臣である初代竹中藤兵衛正高が名古屋の地で創業しました。当時は神社仏閣の造営を業としていました。1899年には、14代竹中藤右衛門が神戸に進出し、創立第1年としました。この年には、三井銀行神戸小野浜倉庫を施工しています。1909年には合名会社竹中工務店を設立します。神戸を本店、名古屋を支店とし、資本金10万円での設立でした。1923年には本店を大阪市に移転。神戸本店は支店となりました。1935年には神戸市中央区の山本通の南、パールストリートに、日本で初めてのイスラーム教寺院「神戸モスク」を施工しました。その2年後、1937年には、株式会社竹中工務店を資本金150万円で設立します。取締役社長には竹中藤右衛門が就きました。1958年には「東京タワー」を施工しました。順調に成長を遂げてきた竹中工務店でしたが、1973年に「琉海ビル陥没事故」が起こります。この事故は琉球海運のビル建設中に起こった陥没事故で、国道58号が約100メートルに渡って深さ8mの陥没を起こし、私道に駐車中の乗用車9台が巻き添えになりました。周辺のアパートや民家など7棟も被害に遭いましたが、住民は避難していたため奇跡的にけが人はいませんでした。1988年になると、東京ドームの建設が始まります。東京ドームは、日本初の空気膜構造による多目的スタジアムでした。その5年後、1993年には、日本発の屋根開閉式多目的スタジアム「福岡ドーム」を施工します。さらに4年後の1997年には、大阪ドーム、ナゴヤドーム、横浜国際総合競技場と立て続けに施工していきます。1999年には創立100周年を迎えました。その後もミッドランドスクエア、東京ミッドタウン、新丸の内ビルディングなど、時代を彩る数々の建築物を施工。2010年には創業400周年を迎えています。

世間を騒がせた竹中工務店の事件・事故

創立400周年を超える竹中工務店ですが、その長い歴史の中でいくつかの不祥事も起こっています。上述した「琉海ビル陥没事故」をはじめとして、世間を騒がせた竹中工務店関連の事件・事故をいくつか取り上げたいと思います。

琉海ビル陥没事故

この事故は、1973年11月26日に沖縄県那覇市前島2丁目の琉球海運のビル建設現場で発生しました。琉海ビルはホテルとして建設されていたビルで、敷地面積2341㎡、地上20階・地下4階・塔屋2階で、竹中工務店と大城組の共同企業体が施工に当たっていました。当初は地上4階・地下4階の設計だったのですが、後に地上20階建てに設計変更されました。事故当時は鋼矢板を打ち込んで基礎の土留を行っていたのですが、11月26日昼頃から土の応力が増し、午後4時ごろに擁壁が崩壊しました。それにより、国道58号が約100メートルに渡って深さ8mの陥没、私道に駐車中の乗用車9台が巻きぞえになりました。周辺のアパートや民家など7棟も被害に遭ったのですが、住民は避難していたためけが人は出ませんでした。事故の原因としては、現場が埋立地であったため地盤が軟弱であったこと、沖縄国際海洋博覧会に間に合わせるために突貫工事が行われていたことなどが挙げられます。この事故を受けて琉海ビルの建設は中止となりました。

アスベスト

2006年12月21日、大阪府大阪市中央区心斎橋筋一丁目の商業ビルで行われた耐震補強工事で、大阪府条例の定めるアスベスト飛散基準の31倍のアスベストを飛散させたとして、大阪府は再発防止を勧告すると同時に業者名を公表しました。また、2008年10月9日には、東京都港区東麻布のビルを解体した際に、アスベストを含んでいると知りながら条例で定められている作業計画を都知事に提出しなかったとして、同年2月に港区長に告発されました。麻布署は東京都環境確保条例違反容疑で、竹中工務店と当時の東京本店長を書類送検しました。

労災隠し

竹中工務店が愛知県刈谷市で建設中の、トヨタ車体の新工場の建設現場で、労災事故があったにも関わらず、届けていなかったと2007年12月19日に同社が発表しました。また、2007年12月28日には、竹中工務店が大阪市福島区内の高層マンション建設現場で、同社の下請け建設会社「エアーテック」の社員が、落下してきたコンクリートホースの直撃を受けて重傷を負った労働災害事故について、同社の52歳の作業所長が自分が受け持つ別の解体工事現場で労災が起こったと虚偽の報告をさせ、労災を隠していたという報道がなされました。報道によると、同作業所長はエアーテックとその社長と共に、大阪地検から11月29日に、労働安全衛生法違反容疑で略式起訴されていたことが判明しました。

大阪市中央区は企業の街